汗・体臭と内臓脂肪の因果関係は?

突然ですが、自分のニオイ気にした事ありますか?人それぞれに種類は違えども、ほとんどの人には体臭があるのだそうです。

また、肥満あるいは肥満気味の人と、強い体臭には関係があるみたいな話をウワサ程度に聞いた事があるのですが、これって本当なのでしょうか?

同時に肥満と汗の関係。肥満の人は寒さを感じにくいとか、冬に半そで着て生活しても汗をかくのだとか。ほんとなのかな?と、事の真意が気になります。

という事で、今回は肥満と汗・体臭の関係について調査してみたいと思います。

汗・体臭と内臓脂肪の因果関係は?

内臓脂肪と肥満の関係

肥満といえば太っている人という印象ですね。これもちろんイエスです。

しかし、その人たちだけが肥満ではありません。一見しては分からない人、つまり内臓にだけ脂肪が多く蓄積されている隠れ肥満の人も全部含めてが肥満なのです。肥満=見た目だけではありません。

という事で、明らかな肥満、あるいは隠れ肥満の人と多汗・体臭がキツイなどの因果関係を探ってみたいと思います。

もちろん、ニオイや汗の原因は肥満だけではありません。ここでは、可能性の一つと考える事ができるのか、という視点での調査を行います。

肥満と汗の関係

肥満の人が汗かきというのは本当なのでしょうか?どうしてそうなるのでしょうか?これってたんなるウワサではなく、答えはイエスです。では、なぜ肥満=多汗となるのでしょうか。

これは、肥満の状態とそれによって身体が生む「熱」が関係しています。

通常、人間は体を動かすだけで体内に熱が発生します。この熱を体外に放出する事で、体内の体温を一定に保っています。

しかし、肥満の人の体にはとても分厚い皮下脂肪が存在していて、その脂肪が体外への放熱をジャマしています。このため、肥満の人は普通の体系の人に比べて体温が上がりやすい状態にあります。

しかし、身体は体温を下げようと必死に努力し、結果的に別の方法として発汗作用を活性化させます。これが肥満と多汗の関係です。

では、隠れ肥満の人はどうなのでしょうか?隠れ肥満の人は、皮下脂肪に覆われている体系ではありませんので、多汗とは無縁なのでしょうか?

この答えはNO。実は隠れ肥満の人であっても多汗になるのです。

皮下脂肪型肥満に比べて、内臓脂の隠れ肥満は生活習慣病のリスクが高いとされていますが、この多汗とリスクには実は相関関係があるのです。

例えば、内臓脂肪型の肥満の場合、血中脂肪酸濃度が高くなる傾向があります。これによって、毛細血管が動脈硬化を起こすリスクも高くなります。つまり、皮膚の毛細血管の血流が滞るのです。結果、皮下脂肪同様、体外への放熱がうまくできなくなり、身体は汗をかくことを選択する事で、体温コントロールを始めます。

これが内臓脂肪型の肥満と多汗との関係です。

一見して内臓脂肪型の肥満と多汗は無関係に感じますが、因果関係があったのですね。

肥満の人の体臭はキツイのか?

これも、残念ながら答えはイエスです。

原因はズバリ汗。大量の汗を服や下着が吸収しますが、そこに雑菌が繁殖する事でニオイの原因となります。

また、肥満の人の食事の量にも関係しています。平均的な体系の人に比べ、肥満の人は食事をたくさん摂取する傾向にあります。この時に体内に必要以上に脂肪が取り込まれ、結果的に皮脂が過剰に分泌されるのです。皮脂の分泌量が多くなると、皮脂が毛穴に詰まる→つまった毛穴に雑菌や細菌が繁殖する→体臭が強くなるという連鎖がおこります。

太っている人=体臭が強いというのも、ウワサではなく因果関係のはっきりしている事実でした

予防できるの?

脂肪が体に蓄積されている以上、そのままの状態でニオイだけを解消するという事は不可能です。

多汗・ニオイ対策的にも、健康問題的に考えても、先ずは内臓脂肪・皮下脂肪を減らすことを一番に考えましょう。そのためには生活習慣の改善が必須となります

(生活習慣の改善/運動をする)

定期的な有酸素運動を行う事で、体脂肪の減少が可能になります。

例えば、車の代わりにウォーキングや自転車を使ってみる。あるいは、仕事の後にウォーキングやジョギングを行う、休日に水泳をするなど、種類はなんでもかまいません。また、毎回同じ運動を行う必要はありませんので、一日30分程度の有酸素運動を継続して行いましょう。

(食生活)

肥満体系の人の嗜好ですが、肉・揚げ物などの脂肪分の多い食べ物に偏っている傾向が見られます。これらの食べ物は体臭の原因になると言われています。

体から分泌された脂肪分が酸化して強いニオイを放つとも言われていますので、食べる物の種類や量にも注意を払いましょう。

(お風呂)

これも基本中の基本。入浴する際、体臭の原因になる場所を清潔に保つよう心がけた入浴をしましょう。デリケートゾーン・足の裏・わきの下・首回り・関節部分など、体のいたる所にニオイが溜まる場所はあります。

また、シャワーで済ませるのではなく、湯船につかるのが望ましい入浴方法です。代謝を促す・老廃物を排出する等の効果が期待できます。

まとめ

肥満と汗・ニオイの関係性は本当だったのですね。しかも、相関関係ではなく、因果関係すらはっきりしていました。

自分のニオイはわかりません。しかし、必ずと言ってよい程にニオイは存在しています。わたしは大丈夫などと考えず、健康面と同時に見直してみませんか?

出典:【さよなら内臓脂肪】根こそぎ減らせる内臓脂肪専門サイト

キケンがいっぱい!?これが内臓脂肪型の肥満の特徴だ!!

皆様こんにちは。今日のテーマは内臓脂肪。中性脂肪じゃないよ、内臓脂肪の方。違いは、どこにも属していない状態の中性脂肪から、もう体の一部になっちゃっている脂肪のこと。お腹が出てきたとかがそれです。

悲しいですよね。お腹だけ出てくるのって→経験者は語る=私の事?かな~(^_^)。お酒のまないのにナンデカナ~?、、、結構食べてるだろと、謎の声が聞こえて来そうです(~_~;)

このお腹の脂肪、なかなか無くならないです。それに、この内臓脂肪、実はキケンがいっぱいなのだとか。

今日はその内臓脂肪の基本中の基本、内蔵脂肪型の肥満について調査します。

キケンがいっぱい!?これが内臓脂肪型肥満の特徴だ!!

肥満の種類

(皮下脂肪型肥満)

肥満には大きく分けて2種類があります。洋ナシ型体系の皮下脂肪型肥満。これはいわゆる下半身太りという肥満のタイプ。

皮膚と筋肉の間にある「皮下脂肪」が過剰に蓄積している事から、皮下脂肪型肥満と呼ばれています。尻や太ももなど、下半身の肉づきが良くなることから、女性に多い肥満として認識されています。

皮下についた脂肪は非常に取れにくいため、肥満が解消しにくいのも皮下脂肪型肥満の特徴の一つです。しかし、合併症の危険度が低い事から、良性肥満と分類されています。

よかったね、皮下脂肪型さん。

(内臓脂肪型肥満)

一方、リンゴ型体系の肥満が内臓脂肪型肥満。一見して肥満には見えない人が実はこれだったって事が多々あります。なので、別名隠れ肥満とも呼ばれています。

これが私です、はい。

悪性でハイリスクなのがこのリンゴ型の内臓脂肪型肥満。理由は、脂質異常症・高血圧・糖尿病といった合併症を引き起こす原因となる事。合併症の中には命に係わる病気もありますので充分な注意が必要となります。

しかし、比較的解消しやすいのがこの肥満の特徴です。

ん???そうだったね。じゃあ、なんで取れないんだろう?私の脂肪(`´)

お腹がでてきた!(*^_^*)なんて笑っている場合ではありません。きっちり対策して、内蔵型肥満の解消に努めましょう。

内蔵型肥満の原因

では、どうしてこの内蔵型肥満になるのでしょうか?

私知っています。凄いでしょ(*^^)v

知ってるだけで、なかなか解消はできないんだけどね(-_-メ)だからやっぱり教えない。さよなら、ばいばい(ToT)/~~~

違う?そうだよね。イジワルだね。ごめんごめん。では、早速そのメカニズムに迫ってみたいと思います。

(肥満の原因)

まずは肥満そのものの話です。肥満の原因は食べ過ぎ飲み過ぎ運動不足。これ当然ですよね。

(内蔵に脂肪がつくメカニズム)

では、なぜ皮下脂肪ではなく、内臓の脂肪につくのか?このメカニズムは案外シンプル。中性脂肪が体の中で過多になった時に、体脂肪として体についてしまいます。この体脂肪なる時にまず内臓に優先的に脂肪がつきます。その理由ですが、元来人間の体は、活発に活動している部分から内臓を蓄積しようとします。内臓はいつも活発に活動しているから優先的に蓄積されてしまうという訳です。

その次に全身に脂肪がついていく、つまりこれが皮下脂肪となる訳です。

体から脂肪がなくなる時にはこの逆。先ずは内臓脂肪がなくなり、次に皮下脂肪が取れていきます。なので、内臓脂肪は取れやすくて、皮下脂肪は一度つくとなかなか取れないと言われる理由です。

なぜ、内臓脂肪型肥満が危険なのか?

内臓脂肪が危険な理由、それは、内臓脂肪の脂肪細胞から分泌される物質、「アディポサイトカイン」が影響しています。

「アディポサイトカイン」には、体に良い作用をおこす善玉物質と、体にとって悪い作用を起こす悪玉物質の両方が存在していますが、内蔵型肥満により、「アディポサイトカイン」内の悪玉物質の分泌量が増えてしまうためです。

この悪玉の「アディポサイトカイン」によって、体内では、血糖値の上昇・血圧の上昇・血栓ができる・動脈硬化などの問題が発生します。あわせて、血液中の中性脂肪が増加し、糖尿病・高血圧・脂質異常症・動脈硬化などの生活習慣病を発症するリスクが高くなります。

これが悪性と言われる理由です。

内臓脂肪はどうやって計るの?

内臓脂肪値を正確に計測したい場合には、健康診断・人間ドッグなどのタイミングで、CTやMRIを利用して計測する必要があります。

しかし、健康ブームの昨今、家庭用の体組成計で体脂肪とその割合を計測できる高性能な物もあります。体組成計の多くは、簡易的な計測方法ですので、正確な数値ではありませんが、参考値として充分活用できます。

あるいは、体のサイズを計測する事による、内臓脂肪測定といった方法もあります。計測方法はとってもカンタン。腹囲のサイズを計測するだけです。男性なら85cm以上、女性なら90cm以上の場合には内臓脂肪型肥満と判定します。

これも参考値として活用できますので、ご自分で測定してみてください。腹囲を測るときには、正確な位置で計測するのがポイントです。その位置とは、おへその高さ位置。

正しい位置で計測し、正しく判定しましょう。

まとめ

どうして内臓脂肪になるのか、内臓脂肪が怖い理由が良くわかりました。気になっているだけのレベルの人、明らかにマズイと思っている人。それぞれの状態に合わせて正しく対処しましょう。

そのためには、まずは現状を理解する事。ご自身で計測してみる・病院できっちり計測してご自分の内臓脂肪の量を正確に知るなどなど、そこから始めてみませんか?

アルコールは悪者なのか!?内臓脂肪との関係は?

皆様こんにちは。

お酒が好きな我が夫。週一の休肝日でさえ、隙あらばなかった事にと、しれーっとした顔でお酒を飲もうとします。

でも、多少の罪悪感があるのでしょう。動きが妙に怪しいのですぐに気づきます、私(*^_^*)。それに、毎週水曜日を休肝日と決めているので、さすがにごまかせません。

そんな夫との無味乾燥な会話、

私:今日は駄目だよ( 一一)

夫:はいはい(-_-メ)

と、毎週こんな感じです。

私と同じで隠れ肥満の夫の体。これ以上悪化させてはマズイと心配しての事なのですが、お酒が好きな人にとっては悲しいというか、“チッ、ばれたか( 一一)”的な感じなのでしょう。

とはいえ、なんだかんだ言いながら、今のところは1週間に1回の休肝日は守られています。偉いね、夫くん。

ところでその酒、どの程内臓脂肪に対して害があるのでしょうか?私ダメダメ言っている割に、あまり詳しくは知りません。せっかくなので、調べてみたいと思います。

アルコールは悪者なのか!?内臓脂肪との関係は?

アルコールと内臓脂肪の関係

一般的にアルコール=内臓脂肪にはNG、そんなだけは持っています。糖分が高いからいけないんだとか、ビール飲んだらお腹がでるとか、、、

私の知りうる情報は、通説としては有名な物ばかりなのですが、根拠に乏しい。本当のところはどうなのでしょうか?

(アルコールによる脂肪肝)

結論からいえば、アルコール好きな方々残念ながらアルコールが内臓脂肪にNGというのは事実でした。

メカニズムはこれ↓↓↓

アルコールを飲む→胃・小腸でアルコールを吸収する→アルコールが血液に入り→ほとんどが肝臓に運ばれる→肝臓内で分解されます。

この“肝臓内で分解”の工程が順調に進めば、摂取したアルコールは体にとって無害な成分へと分解されます。そして、体外へ排出されるので問題ありません。

しかし、元々アルコールに対して耐性が低い人や、過度の飲酒によりこの分解がうまく行なわれなかった場合には、肝細胞内に中性脂肪が蓄積されます。

これを何度も繰り返す内に、どんどん中性脂肪の量が増加して、次第に脂肪肝となります。この状態が継続し、脂肪肝を悪化させてしまった場合、肝硬変あるいは、肝がんなどの重大な健康問題を引き起こす場合があります。

飲酒による体調不良、頭痛・吐き気やおう吐・二日酔いなどの症状は、アルコールが肝臓内でうまく分解されなかった事が原因でひきおこされています。

(摂取量のめやす)

では、脂肪肝リスクの高いアルコール摂取量の目安はどれくらいなのでしょう。これには個人差がありますが、一般的な基準としてお話します。

例えば、1日の摂取量を日本酒3合とした場合、2~3年で脂肪肝を発症すると言われています

これはあくまでも平均的な値ですので、アルコールへの耐性が弱い場合や、体不良などの要因が重なった場合などの場合、発生率は5~10倍になるとも言われています。また仮に、普段の飲酒で特に体調に問題を感じない、あるいはいくら飲んでも平気といった、いわゆる“お酒に強い人”であっても油断は禁物です。

脂肪肝だけではなく、肝機能に障害が発生する原因は、“アルコールの摂取量”と“アルコール摂取期間”だと言われています。

どんなにアルコールに強い人でも、毎日の飲酒により、肝臓には必ず負担をかけています。それを継続する事で、病気発症のリスクとなってしまいます。

脂肪肝をしっかり理解しよう

(そもそも脂肪肝ってどんな病気なの?)

元来、肝臓は脂肪を蓄える機能を持つ臓器です。なので、脂肪の蓄積自体は問題ありません。問題となるのは蓄積される量なのです。

通常、肝臓に蓄積される脂肪の量は、臓器全体の10%程度と言われていますが、脂肪肝の患者さんの場合、蓄積された中性脂肪の量が臓器全体の30%を超えています。これが脂肪肝の状態です。

(脂肪肝の原因は?)

脂肪肝の原因はアルコールの過剰摂取と過食。通常なら、ごくたまにアルコールの過剰摂取や過食をおこしたくらいでは、脂肪肝を引き起こすことはありません。

しかし、生活習慣の乱れにより、アルコールの過剰摂取や過食を繰り返す事で、どんどん肝臓に脂肪が蓄積され、脂肪肝を発症します。

ちなみに、脂肪肝は男性に多い病気と認識されていますが、年々女性の脂肪肝患者は増加傾向にあります。男女問わずの病気になってきています。みなさまご注意ください。

(脂肪肝にならないためには?)

注意すべきはお酒の量です。適度な飲酒なら、むしろ健康の促進に役立つと言われています。

ストレス発散・食事を楽しめる・緊張をほぐすなどなど、その健康効果は周知の事実です。しかも、適度な飲酒には疲労回復効果すら認められています。もちろん、これには個人差がありますので、耐性が低いという方には飲酒はお勧めできません。

一般的に、健康的な飲酒の量はアルコール量20g程度。

例えば、ビールならば中瓶1本・日本酒なら1合まで。しかし、この量はあくまでも一般的な平均値です。この数値にも個人差がありますので、自分の適量を認識し、飲みすぎないないように注意しましょう。

また、週2~3日の休肝日を設ける等、節度ある飲酒を心がけましょう。

まとめ

休肝日、1週間に1回では少ないみたいですね。これを聞くと夫はきっと悲しみが止まらなくなりますが、みなさんはどうですか?毎日お酒を飲む事でストレス発散できているので、週2~3回休めなんて言えやしません(~_~;)

自発的にそんな気持ちになれるのが一番です。チラっとそれとなく話してみる、そんな作戦で攻めてみたいと思いました。